ソルトルアーの基礎知識 ソルトルアーフィッシングを始めま

ソルトルアーの基礎知識 ソルトルアーフィッシングを始めま。18フリームスをご愛用されているのですね^^毎回水洗いするのが望ましいです。【震撼】ソルトルアーフィッシングを始めましたで稼ぐ方法 | アクセスアップとマネタイズでやってきたことを全部書くからABCDEFGHIGKLMN。ソルトルアーフィッシングを始めました そこで質問です、 ダイワの18フリームスを使っています 皆さんは毎回水洗いはしますか 毎回しないとそんなまずいですか やり方なんかも教えて頂ければ幸いです よろしくお願いします ソルトルアーフィッシングを始めましたをすべて見る42件。ソルトルアーの基礎知識。家が増えています。本カテゴリでは魚種ごとにソルトルアーフィッシングの
魅力や。基本的なタックルなど基礎情報をまとめ紹介します。アジングを
始めるにはどのようなタックルを揃えれば良いのでしょうか。アジングの
タックルは初心者向けソルトルアーフィッシングを始めたい人が狙うと。初心者が始めにぶつかる壁「ルアーで魚を釣る」という行為ですが。最初は当然
ながら釣れない日々が続くと思います。勿論。運良く最初から釣れる人も居ると
は思うのですが。「本当に釣れるんだろうか???」という

すべてのソルトルアーフィッシングを始めましたに贈る便利でしかも無料のアプリ740個紹介。ソルトルアーフィッシング。ソルトルアーフィッシングブログの人気ブログランキング。ブログ検索。最新
記事表示が大人気のブログ総合まだまだ始めたばかりなので。不備や読みず
らい部分があるかと思いますが。暖かい目で読んでいただけたらソルトルアーフィッシング入門。これから始める方はわからないことだらけと思います。ここでは。初心者でも安
心して楽しめる堤防でのソルトルアーのロッドをご紹介します。ショアからのソルトルアーフィッシングで失敗しないタックルの。海のルアー釣り。この記事ではソルトルアーフィッシングと明記しますが。実際
に始めるにあたって悩む問題として特に多いのがタックル選びではないでしょ
うか? タックルとは釣りに使うロッド竿やリール。仕掛けなどの釣り道具全般
の事

18フリームスをご愛用されているのですね^^毎回水洗いするのが望ましいです。海水の塩分を放置してしまうとラインが劣化したりギアに塩噛みができたりして使えなくなってしまいますからね><リールの手入れのやり方ですね^^まずドラグをしっかり占めて、ドラグに水が極力入らないようにしてから水道水などで洗い流します。ライン~ラインローラーの部分にジャーと流して洗ってください。ただし、お湯や洗剤はNGですのでそこだけは注意です><ダイワ専属の修理会社SLPの動画がありましたので、参考にしてくださいね^^動画でのリールは10ソルティガですが、マグシールドを搭載したスピニングリールでしたら同じメンテナンスでOKです↓よく乾燥させた後、ラインローラーやハンドルノブ、ベールなどの各作動部への注油するとさらにGOODです^^純正のリールガードのオイルとグリスのセットを用意しておくと便利ですよ^^↓他人にはおススメしませんが私は毎回水張ったバケツにドボンです。ラインローラーやベイルアーム、ハンドルノブなど駆動部を回しながら洗ってやります。ハンドルも回します。それを手早く5?10秒くらいで済ませます。バケツから上げてチャッチャッと降ってハンドル回して水を飛ばしたらドラグを緩めて乾かします。それ大丈夫?と思われがちですがもう何年もノントラブルです。 異音も何も出てないです。当然ドラグは締めますし、乾かした後適宜注油はします。年に1?2回は全バラしますが、グリス流れ無し、腐食無し、ベアリングも異常無しです。水が入ることより潮が残る方が問題だと思っています。ちなみに同時期に購入したバケツドボンのステラSWと水シャワーのみのステラSWで比べると、見た目は変わりなさそうでしたが、シャワーのみの方はベールアームカムの内側とラインローラー軸の腐食が酷く交換が必要でした。水がそこまで到達していなかったのかなと想像しています。次の日も釣行予定があればそのままでも最大3日程度で水洗いはする当然その時にはメンテナンスと称し各部に注油若しくは注脂する*これは毎度恒例作業です釣りから帰ってきたリールを良く見てみると細かい粒の海水が付着しているこれが乾燥すると当然結晶になり各部の動作に影響を及ぼす事になる自分は以前毎回は水洗いしなかったけど最近は何を思ったのか取り敢えず毎回洗ってる乾燥後の注油注脂も欠かさないまずいっていうかまずくなるのが嫌なので毎度の恒例作業にしているよドラグはスピニングでもベイトでも締め込んでベイトリールならメカニカルブレーキも締め込んで普通にシャワーで水洗い一晩乾燥させた後はエアスプレーで水分を吹き飛ばしてそれぞれの必要な個所に必要な注油注脂をするだけまぁそれをルーティーンだと思えば普通に出来るようになるよ家に帰ってきた時に靴を脱ぐのと同じ感覚ですリールを洗うというよりもPEラインを洗うという方がメインかもしれません。基本釣りが終わったら真水でリールごと洗い流しますが、目的は潮ガミを防ぐためです。特に気にする部分はPEラインとラインローラー。散水用のシャワーでジャージャー流します。ただし溜めた水につけるような洗い方はNGです。あくまでシャワーなどで洗い流してください。あとは水を切るなり拭くなりでokです。何度かに一回はメンテナンスの意味も込めて注油もしてあげればいいと思いますした方が長持ちします。私は毎回やってます。ドラグをマックスまで締め、冷たい水道の水手を洗うぐらいの水量で、真正面ドラグノブの方向から全体に水を掛けて終了です。あとはドラグノブ、スプール、ハンドルを外して一日以上陰干ししたあと、ラインローラーとハンドルノブに注油して終わりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です