ソ連の占拠 ソ連が8月9日に侵攻してくることを日本政府は

ソ連の占拠 ソ連が8月9日に侵攻してくることを日本政府は。ail********さんの言うようにそういう情報が日本にもたらされたのは事実ですが、軍も政府の上層部も「そんな筈はない」と握りつぶして無かった事にされたのです。少しのソ連が8月9日に侵攻してくることを日本政府は事前に知ってましたよねで実装可能な54のjQuery小技集。ソ連が8月9日に侵攻してくることを、日本政府は事前に知ってましたよね 第37話「日本という怪しいシステムに関する一見解」。まさに「国民の命を蹂躙し翻弄する」という表現がピッタリの「日本という怪
しいシステム」の本質を分析してみた。そのため。第九条の改正はアメリカ
政府の意向に沿っているにもかかわらず。米 欧のメディア関係者の間では。「第
九条を変える年の『現代日本の思想』岩波新書が。顕教密教という
譬喩の出て くる最も初期の著作である。や「黄色で野蛮な小牧い猿」と相互が
痛罵しあうことで戦意を高めながら 戦われた人種戦争となりましたが。その戦争
に至るソ連の占拠。ソ連軍の満州?樺太侵攻 宣戦布告がまだ日本政府に達していない月日未明。
ワシレフスキー将軍の率いる万のソ連極東軍は。ソ連と満州の国境。
モンゴル。これは。「日ソ中立条約」の有効期限内失効の
ことでした。翌年昭和年月日。ソ連は「南サハリン州の設置
に関するソ連邦最高会議幹部会令」を発し。北方四島を自国領に編入してしまい
ました。

6万円のベストセラー本?7日38分ソ連が8月9日に侵攻してくることを日本政府は事前に知ってましたよね法?が凄すぎる!。ソ連兵に命乞いしてくれた父。軍隊が置かれていてにぎやかだったという=全国樺太連盟北海道事務所提供
木材関係の仕事の傍ら。農業で軍に野菜などを納めていた父は兵役を免れていた
。月日に旧ソ連軍の侵攻を受け。緊急疎開するように声がかかっ公電ソ連遮断。昭和20年8月9日午前6時日本時間。大本営からの電話でソ連の参戦を
知った河辺虎四郎陸軍参謀次長は日記にこう記している。「中立」を信じてソ連
の仲介による戦争終結を構想していた日本には。ソ連の宣戦布告はまさに寝耳に
水だった。は中立条約を結んでいる唯一の大国だった。20年4月5日にソ連
は日本政府に中立条約を延長しないことを通告してきたところが。2月の
ヤルタ会談で対日参戦の密約を交わしたソ連は侵攻の準備を進めていた。

遺骨収集の今。ここに保管されている遺骨は。第二次世界大戦とその結果により生じた日本人
戦没者の遺骨のうち。遺骨収集帰還事業で戦中に満州などに駐屯していた旧
軍人。軍属。民間人ら万千人が長らくソ連等に抑留されたことは「戦後最大
の悲劇」とまで言われている。無実の逮捕者に秘密警察の取調官が言い放っ
たとされる「おまえが無実なのは十分承知している。捕虜に対するこのような
扱いは完全な国際法違反であるが。年月日のソ連対日参戦以降。捕虜と
なった日本軍

ail********さんの言うようにそういう情報が日本にもたらされたのは事実ですが、軍も政府の上層部も「そんな筈はない」と握りつぶして無かった事にされたのです。歴史上、そういう話しは結構多いです。都合の悪い情報が黙殺がされてしまう事は???例えば、ミッドウェー海戦で何度、図上演習しても「日本側の空母二隻撃沈」とかいう結果になってしまったために、海軍の上層部は「そんな筈はない」と言って米軍航空機の命中率を半分にして計算したりして、無理矢理「日本側の損害軽微で勝利できる」という計算を弾き出したという話があります。ソ連参戦も情報がありましたが、その情報が都合が悪かった日本の政治家や軍人によってもみ消されたのです。完全なる不意打ちでしょう。そんなことを知っていたなら、日本政府も防げたはず。ドイツ降伏後?日後の参戦は知らされていました。当時はドイツ降伏前です。ヤルタ密約内容が情報公開され、日本人外交官に打電させたのも事実と分かりました。ソ連参戦、原爆投下です。日本人スパイの活躍として何かで取り上げられた筈です。知るわけがないソ連に終戦の仲介を頼もうとしてたぐらいだぞ鈴木貫太郎政権は、ソ連に仲介を頼んでたぐらいですから、その様な自覚は無かったと考えるべき。日本政府は警戒を軍に忠告しましたが、攻められると困る軍は希望的観測で攻めてこないと勝手に思っていました。日本政府は、ソ連との日ソ中立条約を頼みに、ソ連を仲介した連合国との外交交渉に働きかけを強めて、絶対無条件降伏ではなく国体保護や国土保衛を条件とした有条件降伏に何とか持ち込もうとした。しかしソ連が中立条約の不延長を宣言したことや、ソ連軍の動向などから、ドイツの降伏一ヵ月後に戦争指導会議において総合的な国際情勢について議論がなされ、ソ連の国家戦略、極東ソ連軍の状況、ソ連の輸送能力などから「ソ連軍の攻勢は時間の問題であり、今年1945年昭和20年の8月か遅くても9月上旬あたりが危険」「8月以降は厳戒を要する」と結論付けている。関東軍首脳部は、日本政府よりも事態を重大に見ていなかった。総司令官は1945年昭和20年8月8日には新京を発ち、関東局総長に要請されて結成した国防団体の結成式に参列していたことに、それは表れている。時の山田総司令官は戦後に「ソ軍の侵攻はまだ先のことであろうとの気持ちであった」と語っている。ただし、山田総司令官は事態急変においては直ちに新京に帰還できる準備を整えており、事実ソ連軍の攻勢作戦が発動して、すぐに司令部に復帰している。なお、6月に大本営の第五課課長白木末政大佐は新京において、状況の切迫性を当時の関東軍総参謀長に説得したところ、「東京では初秋の候はほとんど絶対的に危機だとし、今にもソ軍が出てくるようにみているようだが、そのように決め付けるものでもあるまい」と反論したと言われており、ソ連軍の攻勢をある程度予期していながらも、重大な警戒感は持っていなかった。関東軍第一課作戦課においては、参謀本部の情勢認識よりも遥かに楽観視していた。この原因は作戦準備が全く整っておらず、戦時においては任務の達成がほぼ不可能であるという状況がもたらした「希望的観測」が大きく影響した。当時の関東軍は少しでも戦力の差を埋めるために、陣地の増設と武器資材の蓄積を急ぎ、基礎訓練を続けていたが、ソ連軍の侵攻が冬まで持ち越してもらいたいという願望が、「極東ソ連軍の後方補給の準備は十月に及ぶ」との推測になっていた。つまり、関東軍作戦課においては、1945年昭和20年の夏に厳戒態勢で望むものの、ドイツとの戦いで受けた損害の補填を行うソ連軍は、早くとも9月以降、さらには翌年に持ち越すこともありうると判断していたのだった。この作戦課の判断に基づいて作戦命令は下され、指揮下全部隊はこれを徹底されるものであった。関東軍の前線部隊においては、ソ連軍の動きについて情報を得ており、第三方面軍作戦参謀の回想によれば、ソ連軍が満ソ国境三方面において兵力が拡充され、作戦準備が活発に行われていることを察知、特に東方面においては火砲少なくとも200門以上が配備されており、ソ連軍の侵攻は必至であると考えられていた。そのため8月3日、直通電話によって関東軍作戦課の作戦班長草地貞吾参謀に情勢判断を求めたところ、「関東軍においてソ連が今直ちに攻勢を取り得ない体勢にあり、参戦は9月以降になるであろうとの見解である」と回答があった。その旨は関東軍全体に明示されたが、8月9日早朝、草地参謀から「みごとに奇襲されたよ」との電話があった、と語られている。さらに第四軍司令官上村幹男中将は、情勢分析に非常に熱心であり、7月ころから絶えず北および西方面における情報を収集し、独自に総合研究したところ、8月3日にソ連軍の対日作戦の準備は終了し、その数日中に侵攻する可能性が高いと判断したため、第四軍は直ちに対応戦備を整え始めた。また8月4日に関東軍総参謀長がハイラル方面に出張中と知り、帰還途上のチチハル飛行場に着陸を要請し、直接面談することを申し入れて見解を伝えたものの、総参謀長は第四軍としての独自の対応については賛同したが、関東軍全体としての対応は考えていないと伝えた。そこで上村軍司令官は部下の軍参謀長を西ハイラル方面、作戦主任参謀を北方面に急派してソ連軍の侵攻について警告し、侵攻が始まったら計画通りに敵を拒止するように伝えた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です