ホワイト国 日本政府はホワイト国の条件を満たさなかったた

ホワイト国 日本政府はホワイト国の条件を満たさなかったた。なるほど。【2017年版】日本政府はホワイト国の条件を満たさなかったために韓国はホワイト国除外し関係が更に悪化してますがそんな中韓国の元徴用工訴訟の原告側弁護士や日韓の支援者らが11日日本政府は韓国が『約束を守らなを採用したときにインフラで考えたこと。日本政府はホワイト国の条件を満たさなかったために、韓国はホワイト国除外し、関係が更に悪化してますが、そんな中、韓国の元徴用工訴訟の原告側弁護士や日韓の支援者らが11日、「日本政府は韓国が『約束を守らな い』と非難するが、韓国大法院は日韓請求権協定を否定したのではなく、協定を前提に法解釈を行った 河野(太郎)外相も個人賠償請求権は消滅していないと認めている」と主張 したらしいです さっき、今一度、日韓請求権協定を軽く調べたのですが、 協定は、日本が韓国に対して無償3億ドル、有償2億ドルを供与することなどで、両国及びその国民の間の請求権に関する問題が「完全かつ最終的に解決された」と確認する内容 じゃないのでしょうか 両国及び国民間の請求権に関する問題が完全かつ最終的に解決された 国民間も請求権は解決されているはずなのに 韓国の原告側弁護士、支援者の発言が分かりません 河野さんはそんな発言したんですか 日本政府。日本政府は日午前。貿易管理上の優遇措置を受けられる「ホワイト国」のリスト
から。韓国を除外する政令改正を閣議決定した。これにより。日本側は今回の
決定について。韓国の輸出管理制度が不十分で。安全保障上の懸念があるからだ
と説明している。の見直しをちらつかせ。ホワイト国からの除外は日韓関係に
「深刻な影響」を与えるだろうと警告していた。 この貿易紛争が悪化した背景に
は。第次世界大戦中の日本企業による韓国人徴用工問題がある。

もう日本政府はホワイト国の条件を満たさなかったために韓国はホワイト国除外し関係が更に悪化してますがそんな中韓国の元徴用工訴訟の原告側弁護士や日韓の支援者らが11日日本政府は韓国が『約束を守らなって絶対必要なんだから、3日88円出して「日本政府はホワイト国の条件を満たさなかったために韓国はホワイト国除外し関係が更に悪化してますがそんな中韓国の元徴用工訴訟の原告側弁護士や日韓の支援者らが11日日本政府は韓国が『約束を守らな」で勉強し。政府。政府は2日の閣議で。輸出の優遇措置を適用する「ホワイト国」のリストから
韓国を除外する政令改正を決定した。今回の措置は安全保障上の観点から対応
したもので。徴用工問題などを巡る韓国への対抗措置ではないと強調した。
東南アジア諸国連合ASEAN関連の会合に出席している康京和カン?
ギョンファ外相は。日本が「一方的でさらに。日本による韓国のホワイト国
除外を巡り。ポンペオ米国務長官が「重大な懸念」を示したとした上で。ぱくぱくブログ。本実施要領は。四万十市における四万十市情報通信基盤整備事業に関して。下記
事項に基づき事業者より提案等を受け整備を①インターネット回線と同一の
回線を利用して家庭のテレビで地上デジタル放送が視聴でき。利用者の希望
により。地上日本政府は日午前。貿易管理上の優遇措置を受けられる「
ホワイト国」のリストから。韓国を除外する政令改正をの輸入規制。さらには
元徴用工への賠償問題をめぐる問題について。韓国政府は誠意ある態度を示し
たとはいえない。

8年で5回の資金調達(総額$43M)を成功させたわずか9枚の日本政府はホワイト国の条件を満たさなかったために韓国はホワイト国除外し関係が更に悪化してますがそんな中韓国の元徴用工訴訟の原告側弁護士や日韓の支援者らが11日日本政府は韓国が『約束を守らな。「ホワイト国。米国が。悪化する日韓関係の仲裁に腰を上げた。同盟国がにらみ合う現状は。
中国韓国は米国の介入を歓迎するが。日本は韓国への譲歩に後ろ向きで。事態
が好転するかは見通せない。 ポンペオ米国中ロを利する
ことにつながる。 米政府関係者によると。米側は。安倍政権が2日にも韓国を「
ホワイト国」から外す閣議決定をすることを憂慮している。世論に翻弄される
韓国政府 解決策見えぬ。元徴用工訴訟 写真?図版 中学生訪韓。出発日本政府。世耕氏は会見で。今回の措置は輸出管理上。「必要な見直しで。粛々と手続きを
進めた」として。日韓関係に影響を与える意図は全くなく。徴用工問題などへの
「対抗措置といった種類のものでもない」と説明した。グローバル

なるほど。河野さんっていかついだけかと思ったら賢い人なんだな。これさ、引っかけ問題みたいなもんなんだよ。少し整理するとわかる。そもそも、条約とは「国と国との約束」だよね。では、今議題に上がっているのは「戦争が終結したことによる補償」の条約なのね。日本は戦争に負けたので、勝った国の意向に従って併合していた韓国を一つの国として独立させなきゃならなくなった。そこで、戦争の補償として金を払うとなるのだけど、じゃあ誰に対してなんの補償をするのか?という話になる。一つは国を併合していたのだから、国に対しての補償、一つはその国の国民に対しての補償。で、日本は一つづつ補償しなければならないものを補償しますよと言ったのだが、韓国が「自国の国民の補償はうちがしますから、うちに払ってください」と言ったわけ。だから、条約において「完全かつ最終的に解決された」となったわけさ。個人請求権とはこの韓国が受け取り、韓国人に払うべき補償の話なんだけど、それは当然消滅していない。だって、彼らは受け取ってないと言うのだから。だが、それを日本政府に言うのは条約を無視している。韓国国民が請求すべきは自国の政府に対してであって、日本ではない。だから、河野さんは「請求権は消滅していない」と言っているわけ。どこも、矛盾してないしおかしくもない。おかしいのは韓国の法廷と国家くらい。途中半端な情報しかもたないと、そういう疑問が生じます。「日韓請求権協定」を一字一句まですべて読んで理解し、韓国大法院最高裁の判決文全文44ページを一字一句まですべて読んで理解し、日韓併合に至る、世界史的背景をすべて理解する必要があります。↓日韓請求権協定には「前記の供与及び貸付けは、大韓民国の経済の発展に役立つものでなければならない↓以下の★のところ」とかかれており、「個人の補償に使え」などとは何処にも書いていない。↓日韓請求権協定:日韓基本条約の関係諸協定、日韓請求権並びに経済協力協定————————————————————-[文書名] 日韓請求権並びに経済協力協定財産及び請求権に関する問題の解決並びに経済協力に関する日本国と大韓民国との間の協定 [場所] 東京 [年月日] 1965年6月22日 [出典] 日本外交主要文書?年表2,584‐586頁.外務省条約局「条約集?昭和40年二国間条約」. [備考] [全文] 日本国及び大韓民国は、両国及びその国民の財産並びに両国及びその国民の間の請求権に関する問題を解決することを希望し、両国間の経済協力を増進することを希望して、次のとおり協定した。 第一条 1 日本国は、大韓民国に対し、 a現在において千八十億円一?八、???、???、???円に換算される三億合衆国ドル三??、???、???ドルに等しい円の価値を有する日本国の生産物及び日本人の役務を、この協定の効力発生の日から十年の期間にわたつて無償で供与するものとする。各年における生産物及び役務の供与は、現在において百八億円一?、八??、???、???円に換算される三千万合衆国ドル三?、???、???ドルに等しい円の額を限度とし、各年における供与がこの額に達しなかつたときは、その残額は、次年以降の供与額に加算されるものとする。ただし、各年の供与の限度額は、両締約国政府の合意により増額されることができる。 b現在において七百二十億円七二、???、???、???円に換算される二億合衆国ドル二??、???、???ドルに等しい円の額に達するまでの長期低利の貸付けで、大韓民国政府が要請し、かつ、3の規定に基づいて締結される取極に従つて決定される事業の実施に必要な日本国の生産物及び日本人の役務の大韓民国による調達に充てられるものをこの協定の効力発生の日から十年の期間にわたつて行なうものとする。この貸付けは、日本国の海外経済協力基金により行なわれるものとし、日本国政府は、同基金がこの貸付けを各年において均等に行ないうるために必要とする資金を確保することができるように、必要な措置を執るものとする。★前記の供与及び貸付けは、大韓民国の経済の発展に役立つものでなければならない。 2 両締約国政府は、この条の規定の実施に関する事項について勧告を行なう権限を有する両政府間の協議機関として、両政府の代表者で構成される合同委員会を設置する。 3 両締約国政府は、この条の規定の実施のため、必要な取極を締結するものとする。 第二条 1 両締約国は、両締約国及びその国民法人を含む。の財産、権利及び利益並びに両締約国及びその国民の間の請求権に関する問題が、千九百五十一年九月八日にサン?フランシスコ市で署名された日本国との平和条約第四条aに規定されたものを含めて、完全かつ最終的に解決されたこととなることを確認する。 2 この条の規定は、次のものこの協定の署名の日までにそれぞれの締約国が執つた特別の措置の対象となつたものを除く。に影響を及ぼすものではない。 a一方の締約国の国民で千九百四十七年八月十五日からこの協定の署名の日までの間に他方の締約国に居住したことがあるものの財産、権利及び利益 b一方の締約国及びその国民の財産、権利及び利益であつて千九百四十五年八月十五日以後における通常の接触の過程において取得され又は他方の締約国の管轄の下にはいつたもの 3 2の規定に従うことを条件として、一方の締約国及びその国民の財産、権利及び利益であつてこの協定の署名の日に他方の締約国の管轄の下にあるものに対する措置並びに一方の締約国及びその国民の他方の締約国及びその国民に対するすべての請求権であつて同日以前に生じた事由に基づくものに関しては、いかなる主張もすることができないものとする。 第三条 1 この協定の解釈及び実施に関する両締約国の紛争は、まず、外交上の経路を通じて解決するものとする。 2 1の規定により解決することができなかつた紛争は、いずれか一方の締約国の政府が他方の締約国の政府から紛争の仲裁を要請する公文を受領した日から三十日の期間内に各締約国政府が任命する各一人の仲裁委員と、こうして選定された二人の仲裁委員が当該期間の後の三十日の期間内に合意する第三の仲裁委員又は当該期間内にその二人の仲裁委員が合意する第三国の政府が指名する第三の仲裁委員との三人の仲裁委員からなる仲裁委員会に決定のため付託するものとする。ただし、第三の仲裁委員は、両締約国のうちいずれかの国民であつてはならない。 3 いずれか一方の締約国の政府が当該期間内に仲裁委員を任命しなかつたとき、又は第三の仲裁委員若しくは第三国について当該期間内に合意されなかつたときは、仲裁委員会は、両締約国政府のそれぞれが三十日の期間内に選定する国の政府が指名する各一人の仲裁委員とそれらの政府が協議により決定する第三国の政府が指名する第三の仲裁委員をもつて構成されるものとする。 4 両締約国政府は、この条の規定に基づく仲裁委員会の決定に服するものとする。 第四条この協定は、批准されなければならない。批准書は、できる限りすみやかにソウルで交換されるものとする。この協定は、批准書の交換の日に効力を生ずる。以上の証拠として、下名は、各自の政府からこのために正当な委任を受け、この協定に署名した。千九百六十五年六月二十二日に東京で、ひとしく正文である日本語及び韓国語により本書二通を作成した。 日本国のために 椎名悦三郎 高杉晋一 大韓民国のために 李東元 金東祚 ————————————————————-日韓請求権協定」は「経済協力金と両国間における請求権の解決」の協定です。つまり、韓国経済を支援する金なのです。賠償金ではない。いわば「和解金」みたいなものですね。↓「日韓請求権協定」=「財産及び請求権に関する問題の解決並びに経済協力に関する日本国と大韓民国との間の協定」↓ただし、これが含まれているのは事実———————————————対日請求要綱は8項目で構成され、その中に「被徴用韓人の未収金、補償金及びその他の請求権の弁済を請求する」と記載されている。———————————————そもそも日本は、韓国に、慰謝料とか、賠償金を払う理由など全く無いのです。1910年に、日本は、国際法上、何の問題もなく、韓国を併合しました。不法でもなければ、違法でもありません。韓国併合について、今の韓国からとやかく言われる筋合いなど、全く無いのです。日韓併合後の朝鮮半島は、外国ではありません、日本国内の一地域となります。つまり、東京から見て、秋田県、青森県と同じ立場です。徴用工問題については、当時、朝鮮半島住民は、日本国籍を持つ日本人であり、本土日本人と同じ職場で本土日本人と同じように働いて給料も支払われた。つまり、本土日本人と同じ、日本人であったのです。つまり、日本は、韓国に対して「慰謝料」とか「賠償金」などを払う必要性は「1%」すらも無いのです。—————————–「日韓併合」は、決して違法ではありません。1910年に日韓併合が起こりましたが、それを違法とするものは何もありませんでした。第一次世界大戦前までは、自立出来ない国家地域は、強国が植民地朝鮮は併合ですねとして管理することは国際的に常識とされており、それは力による強制でもかまわないことになっている。力による強制脅迫で国を奪う事が問題となったのは、第一次世界大戦後、それまでは世界的によくある事象であり、日本がとった行動もその中の出来事としては珍しいことではなかった。つまり、アヘン戦争のような事象は第一次世界大戦前までは当然の出来事であり、第一次世界大戦後、自立可能な国地域を力で強制的にうばうのはやめましょうという事になった。朝鮮については、第一次世界大戦前の1910年なので、植民地化については国際法上問題はなく、ヨーロッパ諸国はみな当然としてやっていた。アメリカは米西戦争でフィリピンを自国の植民地として支配した。またハワイも力による併合を行ったが、現地住民との間で「和解した」としてこの問題を解決した。満州など、国際連盟からの非難を無視した点など問題はあったが、第二次世界大戦前の出来事としては、日本がとった行動はヨーロッパ、アメリカ等と比べそれほど違いはなかった。植民地そのものが問題であり、やめましょうとなったのは、第二次世界大戦後のことである。アヘン戦争のような事象は、違法でもなんでもなく、当然の出来事であった時代なのです。アヘン戦争阿片戦争は、清とイギリスの間で1840年から2年間にわたり行われた戦争である。イギリスは、インドで製造したアヘンを、清に輸出して巨額の利益を得ていた。アヘンの蔓延に危機感をつのらせた清がアヘンの全面禁輸を断行し、イギリス商人の保有するアヘンを没収?焼却したため、反発したイギリスとの間で戦争となった。イギリスの勝利に終わり、1842年に南京条約が締結され、イギリスへの香港の割譲他、清にとって不平等条約となった。 ↓アヘン戦争に敗れた清朝が、南京条約で、香港島を清朝からイギリスに永久割譲。韓国大法院最高裁の判決文の論理構成基本として、「日韓請求権協定」は、どのような内容が書いてあっても「外交的保護権の放棄」にしかならない。それは国際法の主体は「国家」のみであるという原則があるからである。条約日韓請求権協定も、国際法も、主体は「国家」のみである。—————————————–外交的保護権は、国際慣習法によって認められている国際法上の国家の権限である。A国とB国とがあって、A国の国民が、B国によって「違法」な損害を受けた場合には、A国自身が損害を被ったということになる。A国は自らの受けた損害を回復するため、B国に外交的保護権の行使という形で国家責任を追及することができるのである。注意すべきは、この権限は国民の受けた損害を国家が代わって追及するのではなく、国家自身が受けた損害を自ら追及する権限ということである。このような扱いとなっているのは、国際法の主体は従来からの考えでは国家のみであるという原則がある反面、国民の損害は回復される必要があるため、両要求を調和する形で認められたということによる。 —————————————–条約日韓請求権協定は、上記のとおり、韓国行政府の外交的保護権を放棄させただけにすぎない、つまり条約で「個人請求権」を拘束することはできないのである。↓ここにも書いてある。↓個人請求権の解釈原則:日韓請求権協定=国家行政府のみ対象—————————————-日本国内=個人の請求権は消滅した。韓国民の財産請求権はあらたに制定された「日韓請求権協定協定第二条の実施に伴う大韓民国等の財産権に対する措置に関する法律」財産措置法により消滅した。—————————————-韓国国内=個人の請求権は存在している。関係する国内法が存在しないため、日韓請求権協定は韓国行政府の「外交的保護権の放棄」しか存在しない。—————————————-ここでは、韓国国内=個人の請求権は存在している。と理解してください。じゃあ、韓国大法院最高裁は、何でもできるのか?、そうではありません。「大韓民国憲法の第6条1項」において、次のように定めている。「憲法に基づいて締結し、公布された条約および一般的に承認された国際法規は、国内法と同等の効力を有する」韓国大法院最高裁、つまり司法といえども、日韓請求権協定条約は無視できないのである。そこで、「個人の請求権は存在している」+「日韓請求権協定条約は無視しない」=判決文の論理構成—————————————————-元徴用工らが求めているのは、未支給賃金や補償金ではなく、日本の不法な植民地支配や侵略と直結した日本企業の反人道的な強制動員に対する慰謝料だ。請求権協定の過程で日本政府は植民地支配の不法性を認めず、強制動員の法的賠償も否認している。そして、日韓請求権協定は、植民地支配の不法性にまったく言及していない。したがって不法な強制動員に対する慰謝料請求権は、「完全かつ最終的に解決」したとされる請求権協定には含まれていない。だから、日本企業は元徴用工に慰謝料を支払うべきである。—————————————————-↑元徴用工の慰謝料請求権というのは、すでに決着している日韓請求権協定の枠外の話であるから、認められるべきものであるという理屈となったのです。極めて巧妙なやりかたです。ただし、人権問題とするには、具体的な証拠がなく、立証できなかったため、—————————————–日本の不法な植民地支配や侵略と直結した日本企業の反人道的な強制動員に対する慰謝料—————————————–となった。これは、大韓民国憲法に由来する内容です。つまり、↓大韓民国憲法↑前文悠久な歴史と伝統に輝く我々大韓国民は「★3?1運動で成立した大韓民国臨時政府の法統」と、不義に抗拒した4?19民主理念を継承し、祖国の民主改革と平和的統一の使命に即して正義、人道と同胞愛を基礎に民族の団結を強固にし、全ての社会的弊習と不義を打破し、自律と調和を土台とした自由民主的基本秩序をより確固にし、政治?経済?社会?文化のすべての領域に於いて各人の機会を均等にし、能力を最高に発揮なされ???、大韓民国憲法は、その前文で、次のように宣言している。「悠久なる歴史と伝統に輝く我が大韓国民は、三?一運動によって建立された大韓民国臨時政府の法的伝統……を継承し……」「三?一運動」とは、韓国併合後の1919年に、日本の統治に反対して沸き起こった運動のことを指す。つまり、韓国の憲法それ自体が、日本による統治を否定して作られた「臨時政府」の正当性を認め、その「法的伝統」なるものを受け継いでいることを宣言しているのである。韓国大法院は、大韓民国憲法の「法的伝統」に従い、「植民地支配と直結した不法行為」と判決を下したのである。★しかし、日韓併合は違法ではない↓ウィキペディアWikipedia韓国併合再検討国際会議↓神戸大学大学院第3回韓国併合再検討国際会議「合法?違法」結論としては、韓国の併合は、国際法上「違法」とはならない。1910年の時点で、併合を違法とする国際法は存在していない。かつての韓国の併合とか植民地化について、国際法上、今は違法だから、過去も違法と勘違いしている人がいるようです。韓国の併合時に、それを違法とする国際法がなければ、かつての韓国の併合は今でも違法ではなくなり「合法」となります。行為時に法律上犯罪とされていなかった行為を、後で制定された法律によって処罰することを禁ずる法の大原則。 法律はそれを制定した時点より後に適用されるのが大原則。 後から法律を作って過去に遡って適用して裁くことは許されない。市民的及び政治的権利に関する国際規約自由権規約15条にも同様の定めがある。「日本の不法な植民地支配や侵略と直結した日本企業の反人道的な強制動員に対する慰謝料」←根拠がまったく無い。 国際法からの観点英ケンブリッジ大学の国際法学者J. クロフォード教授は「自分で生きていけない国について周辺の国が国際的秩序の観点からその国を取り込むということは当時よくあったことで、韓国併合条約は国際法上は不法なものではなかった」とし、また韓国側が不法論の根拠の一つにしている強制性の問題についても「強制されたから不法という議論は第一次世界大戦1914年 – 1918年以降のもので、当時としては問題になるものではない」としている根拠韓国大法院最高裁の判決文全文↓新日鉄住金徴用工事件再上告審判決大法院2018年10月30日判決 ↑44/44、日本政府の韓半島に対する不法な植民支配と侵略戦争の遂行と直結した日本企業の反人道的な不法行為により動員され、人間としての尊厳と価値を尊重されないままあらゆる労働を強要された被害者である原告らは、精神的損害賠償を受けられずに依然として苦痛を受けている。大韓民国政府と日本政府が強制動員被害者らの精神的苦痛を過度に軽視し、その実状を調査?確認しようとする努力すらしないまま請求権協定を締結した可能性もある。請求権協定で強制動員慰謝料請求権について明確に定めていない責任は協定を締結した当事者ら が負担すべきであり、これを被害者らに転嫁してはならない。 以上のような理由から、多数意見の論拠を補充しようとするものである。過去の日本政府の国会答弁におきまして、「完全かつ最終的に解決された」の意味は「外交保護権を相互に放棄したのみで個人の請求権は消滅しない」とされているところでございます。何故かと問われると、国が勝手に個人の財産の変更?移転を承認するのは国際法違反だからということでございます。請求権にもイロイロあって?国が国に対して行う請求権外交保護権、国の権限で放棄できる?個人が個人に行う請求権国が勝手に放棄するのは違法…と、こーいう話であるにも関わらず、条約文言に「完全かつ最終的に解決された」とされていることに日本の国会でも揉めておったよーですね当時の国会議事録を見ると。ただ、この辺は議論は無いところで河野太郎さんもご自身のブログに「個人の請求権は消滅していない」と書いていたよーな気がしますが、今現在、日韓で揉めてるのはこの話から先のところでございます。日本政府はホワイト国の条件を満たさなかった>外した。何か文句ありますか?河野太郎外相も個人賠償請求権は消滅していないと認めている」と主張。したらしいです。 さっき、今一度、日韓請求権協定を軽く調べたのですが、それは1965年に全て片付いてます。その時日本政府は個人の請求はどうするのか>韓国政府はそれは韓国政府が解決します。だから個人の請求は全て韓国政府の責任です。抑々徴用工訴訟は日本の企業ではなく韓国政府に対する案件です。もう韓国の事はいいよ。発言したかどうかどちらでもいい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です