食品中の残留農薬等 畦畔に許可のある除草剤のホームページ

食品中の残留農薬等 畦畔に許可のある除草剤のホームページ。たとえばバスタという除草剤は、水田畦畔に使うことが許されていて、収穫7日前まで使えます。【良質】畦畔に許可のある除草剤のホームページには作物にかかった時は食品衛生法上の残留基準値により判断されますので最寄りの指導機関にご相談下さいの基本をサルでもわかるようにまとめた。去年もお聞きしたのですが、写真のように今年も田圃の畦に除草剤が散布され稲が一部枯れています 農薬の使用方法が不適切と思うのですが、知恵袋も除草剤を散布し続ける農業組織も問題ないとの認識らしいのです 畦畔に許可のある除草剤のホームページには、「作物にかかった時は食品衛生法上の残留基準値により判断されますので、最寄りの指導機関にご相談下さい」 とあるのですが、何年も続けられているという事は、本田に許可外の農薬でも残留基準値以下になれば使用しても問題ないという判断なのでしょうか 食品のポジティブリスト制度導入に伴う飼料の対応について。食品のポジティブリスト制度は。野菜などの作物だけでなく畜産物についても
適用されます。A2 農林水産省では食品衛生法に基づき定められた食品中の
農薬の残留基準値と整合性のとれた飼料中の残留基準値を。の農薬の残留基準
値を準用しているとのことですが。飼料穀物は家畜を通じて人に間接的に影響が
及ぶので食用の穀物にQ8 海外では除草剤に耐性のある遺伝子組換え作物が
栽培されていることから。除草剤に汚染された飼料が輸入されるのではない
でしょうか。

食品中の残留農薬等。食品中に残留する農薬などが。人の健康に害を及ぼすことのないよう。厚生
労働省は。全ての農薬。飼料添加物。動物用農薬などが。基準値を超えて残留
する食品の販売。輸入などは。食品衛生法により。禁止されていますいわゆる
「ポジティブリスト制度についてQA農薬の基礎知識農林水産省HPへ
リンク 別ウィンドウで開く[平成生食発第号]食品に残留
する農薬。飼料添加物又は動物用医薬品の成分である物質の試験法の一部改正
について

たとえばバスタという除草剤は、水田畦畔に使うことが許されていて、収穫7日前まで使えます。写真を見る限り、稲穂さえ出ていませんから収穫まで7日以上あります。農薬が残留することなどあり得ないです。よって何の問題もないと思います。なぜ、ここで聞いてるの?農業改良普及所やしかるべき指導員に聞いたほうが適切です。あなたが食の安全を最優先に考えるのなら、薬剤のかかった疑わしい稲は収穫せず流通に載せないのもひとつの選択肢です。理想を言えば、畦畔に使った除草剤が稲に掛からないようにすべきですが、すぐ分解される除草剤でしたら、残留する可能性はないし、事実上は問題ないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です