<物理基礎 0倍の高さまで到達するには初速度の大きさをい

<物理基礎 0倍の高さまで到達するには初速度の大きさをい。重力加速度g。年収3億円稼ぐ人の1つの考え方 0倍の高さまで到達するには初速度の大きさをいくらにすればよいか『一生かかっても知り得ない 年収5億円人生計画 』。高校物理です 地表から鉛直上向きに物体を打ち上げたとき、物体が地球の半径の3 0倍の高さまで到達するには、初速度の大きさをいくらにすればよいか 地球の半径を6 4×10^6(m)とし、地球の自転?公転の影響はないものとする という問題で、V^2 Vo^2= 2gxの式を使うと違う答えになったのですが、なぜダメなのですか 人工衛星。質量 の人工衛星が。地表から の高さを等速円運動しているとします。地球の
質量を 。地球の半径を 。重力加速度の大きさを 。万有引力定数を とし
。人工衛星の速さ を求めます。 = を代入して別の形で表現すれば。
砲弾の初速をいくらでも大きくできると仮定した場合。どれくらいの初速を
与えると地球を一周するか考えてみます。の高度で地球を一周する場合は。上
の人工衛星の速さの式の が でなくなり。必要な速度 はもっと小さくなり
ます。

<物理基礎。落下し始めてから秒間で何落下するか。重力加速度の大きさは/ と
する。 ② 鉛直下向きに速さ / で小球を投げおろした。 秒後の速さは何
/ か。重力加速度の大きさ は /とする。2.0 s後 20 m
下向きを正+の向きとする。 小球が地面に達するまでにかかる
時間は何秒か。⑤ 高さ のつり橋の上から鉛直下向きにある初速度で小球
を投げおろすと, 秒後に水面に達し

重力加速度g は地球の表面上にしか成り立たない定数です。地球と地球の表面上の物体に働く万有引力はF=GMm/R2 で表されます。G:万有引力定数M:地球の質量m:物体の質量R:地球と物体の重心間距離=地球の半径ここで定数をまとめて、g=GM/R2 としたのが重力加速度です。地球の表面上と言っても、地球半径が6400kmもあるので、高度10km程度までは誤差の内として無視する事が多いですが、地球半径の3倍ともなると無視する事は出来ません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です