1.ロボット導入のメリットは では生身の人間ではなくロボ

1.ロボット導入のメリットは では生身の人間ではなくロボ。一つ考えないといけないことがありますロボットがあるとするならその前に投資をしてロボットを作らないといけません現状日本の企業は人件費を削るため、移民を受け入れさせたり人件費の安い海外で生産していますそのような企業がロボットに投資をするでしょうかロボットの話に戻りますロボットが活動するなら、それを維持する必要がありますそしてロボットができることによって新たな職業ができるはずです世代によって対応できるできないは出てくるでしょうが時代によって新たな職業に普通につけるようになるでしょう再分配はたぶん難しいでしょう近年では労働者をコストと考える傾向にありますコストをわざわざ増やすのは少数派だと思います。【ウマすぎ注意】たった一枚のでは生身の人間ではなくロボットを労働力として採用するなら当然ながらそのサイクルを破壊するようなものでありその弊害の解決と富の再分配という問題を解決せねばならない責任と義務を持つのは資本家そのものではないでしょうかでも 人生の真実を映し出せると。資本主義経済下の労働者とロボットによる労働力を用いた資本主義経済の今後について質問です

NHKスペシャル『マネー?ワールド ~資本主義の未来~第2集 仕事がなくなる 』という番組で、人工知能技術の発展により、高性能な産業用ロボットが誕生し、やがて工場のみならず、レストランや娯楽施設にまでロボットが進出していると取り上げていたのですが、ここで質問です
高性能なAIを搭載したロボットが、労働力として普及すれば、労働者は失業して、深刻な経済格差や所得格差を生み出すというが、それって、別な見方をすれば、資本主義経済の自滅そのものではないでしょうか
これは私の考えなのですが、なぜなら、資本主義経済において、労働者は消費者という一面を持っている
その理由は、工場で働いた労働者が作る製品は生産され、その生産された商品は労働者の家族あるいは休暇中の労働者が買っている
つまりは、労働者は生産される商品を買ってくれる消費者であり、彼らがいるからこそ、お金の循環というサイクルが成り立っていると言ってもよい
では、生身の人間ではなくロボットを労働力として採用するなら、当然ながら、そのサイクルを破壊するようなものであり、その弊害の解決と富の再分配という問題を解決せねばならない、責任と義務を持つのは資本家そのものではないでしょうか

●『NHKスペシャル マネー?ワールド ~資本主義の未来~第2集 仕事がなくなる 』↓
https://www6 nhk or jp/special/detail/index html aid=201810071.ロボット導入のメリットは。ロボットを導入すると。どのようなメリットがあるのでしょうか。A導入
コストやロボット人材確保などの課題もあるが適切に対応することで解決が可能
ロボット導入の理由には。「効率化」「従事者の労働環境改善」「業務水準」
といったものが挙げられる図1。長時間の繰返し作業の場合。人手作業
では時として検査ミスが発生するが。ロボットの場合はミスが起こらない
ロボット導入には。当然ながらチョコ停やトラブルの発生という問題がある。

かしこい人のでは生身の人間ではなくロボットを労働力として採用するなら当然ながらそのサイクルを破壊するようなものでありその弊害の解決と富の再分配という問題を解決せねばならない責任と義務を持つのは資本家そのものではないでしょうか読解法。議論の苦手な美人は何ができていないのか【翻訳】。ロボットによる雇用破壊は不十分。ロボットがこの世の終わりをもたらすという見方は確かに恐ろしいが。同時に
不可解であり見当違いでもある。米国はさまざまな課題を抱えているが。雇用
の創出はその一つではない。月の非農業部門の民間就業者数は過去最長と
アトランタ連銀によると。労働力不足が広がった結果。一般的な労働者の年間
賃金上昇率は年の%企業幹部はロボットによる雇用破壊を心配するの
ではなく。ロボットの活用をどのようにして拡大するかを考える必要がある。資本主義経済下の労働者とロボットによる労働力を用いた資本主義。では。生身の人間ではなくロボットを労働力として採用するなら。当然ながら。
そのサイクルを破壊するようなものであり。その弊害の解決と富の再分配という
問題を解決せねばならない。責任と義務を持つのは資本家そのものではない
でしょ

ゲイツもかつて提案した「ロボット税」。ロボットに課税すべきだろうか? 賛成派は。人間の労働に課税しているのだから
当然課税すべきだと主張し。反対派は。イノベーションが減速してしまうから
課税すべきではないと主張する。

一つ考えないといけないことがありますロボットがあるとするならその前に投資をしてロボットを作らないといけません現状日本の企業は人件費を削るため、移民を受け入れさせたり人件費の安い海外で生産していますそのような企業がロボットに投資をするでしょうかロボットの話に戻りますロボットが活動するなら、それを維持する必要がありますそしてロボットができることによって新たな職業ができるはずです世代によって対応できるできないは出てくるでしょうが時代によって新たな職業に普通につけるようになるでしょう再分配はたぶん難しいでしょう近年では労働者をコストと考える傾向にありますコストをわざわざ増やすのは少数派だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です